こんにちは

イメージコンサルタントのKATSURAです。

先日、私の大好きなアメリカのテレビ番組『プロジェクト ランウェイ シーズン14』の最終回でした。

この番組は一般から募集されたファッションデザイナーを目指す16人が、毎回テーマに応じて服を作り優勝を目指して、競っていくというものです。

初めは16人から始まり、最終バトルに残れるのは3名。

 

決勝戦はなんと!!

ニューヨークファッションウィークでコレクションを発表できるという、とっても夢がある番組。

私は、ファッションデザイナーを目指していたし、今でも服を縫うので、このデザイナーたちの発想や技術にいつもワクワクしながら刺激を受けて見ています。

 

その中で、今回優勝したのがアシュリーという、この番組初のプラスサイズのデザイナー(大きいサイズのデザイナー)。(写真左側の女性)

彼女が作る服はとにかく色や柄の使い方が個性的で、かわいくて女性らしい素敵デザインなんです。

そして、彼女自身もとってもキュートで、ファッションも毎回おしゃれで魅力的でした。

 

ここからが今回のブログの本題です。

 

 

アシュリーはなぜこんなに輝いているのか?!

 

それはいつも自分に< 自信 >を持っているから。

 

コンプレックスとも思える部分を、自分にしかない個性として受け入れているアシュリーの自信は

オーラとなっているように思えるし、毎回番組を見ていてとても勇気を与えてくれる存在だと感じました。

 

おしゃれははモデルみたいに細くないと難しい?

全然そんなことはないんですよね。

だからもし自分のコンプレックスでおしゃれをあきらめている人がいたら

まずは<自分自身を受け入れること>から始めて欲しい!

 

<自分自身を受け入れること>はおしゃれになる第一歩でもあるから。

 

私自身もずっと自分に自信があったわけではなく、

全くその逆で、生まれた時から骨太ぽっちゃり体型だから、

太った体をコンプレックスに感じていたし、

いつも周りと比較していたし、

細くなりたいと思っていましたから、

本当にいろんなダイエットに挑戦したし、リバウンドもしてきました(笑)

確かにモデルさんみたいにスレンダーな方が、着れる服の幅は広がりるし、憧れは私にもあります。

だけど、それが本当に自分らしい姿なのかな?って少し考えてほしいんです。

今の自分を受け入れ、どう見せるか?!どう活かすか?!

これがおしゃれの根本だと思うんです。

 

私もこれに気づいてからは、とってもラクにおしゃれを楽しめるようになりました。

今では骨太ぽっちゃりの体型を受け入れて、自分らしい服やおしゃれをいつも研究しています。

それに、周りと比較してストレスを抱えている時より無駄にお菓子も食べなくなった気もします(笑)

 

『おしゃれ』ってただ着飾るだけではないんですよね。

自分らしさを活かせて、あなただけの個性を感じた時、人は『すてき!おしゃれ!』と感じるんだと思うんです。

 

だから、あなたのパーソナリティを無視して『おしゃれ』はできません。

今の自分の体を受け入れてあげる、あなたの個性を認めてみる。

そうすることで、とってもオシャレが楽になります。

 

『違う自分』になろうとしているときはきっと、

自分にないものばかりを求め自分自身を見れていないんですよね。

美しさは自分の中にある。

それがわかった瞬間、人はとても輝きだします。