似合わない服を買ってしまう原因

好きな服は似合う服とは限らない

ステキ!!と思って飛びついて購入した服が、帰って着てみたら、どうやっても似合わない。
せっかく買ったのに。と自分に腹が立ったり…。
どうにかアレンジして着てるんだから!!!!と

いろんな服をクローゼットから出してきて、取っ替え引っ替え合わせてみる。
けど、似合わなわい…という経験ありませんか?

実は服には似合う理由と似合わない理由があるんです。
これをわかっていないと、似合わない服を買って、それに合う服を買ってという悪循環になってしまいます。

似合う服というのは
体型に合った服、スタイルがよく見える服、自分のイメージに合った服です。
似合う服を着ていると、褒められることも多いですし、自分に自信を持てる服です。
似合わない服というのは
体型に合っていない服、スタイルがよく見えない服、自分のイメージに合っていない服です。
似合っていない服を着ると、若作りに見られたり、服に着られているような自分に違和感を感じます。
ファッションは似合うと好きのバランスです。
このバランスが絶妙な人はおしゃれ!といわれる人たちです。

このバランスを考える時にとても大事なことは
自分の着たい服は何か?ということ
つまり自分の好きを明確にできているかが一番大事なポイントなのです。
シンプルに自分が身につけているファッションで気分がいいと感じることがベストだということです。

自分の着たい服がわからなくなっている方は、別のブログで自分の好きの見つけ方を紹介しますね。

 

おしゃれが上手な人は着ない服を決めている

好きな服を選ぶことが大事なことはわかったけれど、次に似合う服はどう選ぶのか?

似合う服は似合わない服を選ばなければ選べるということ。
自分に似合わない服は選ばないを徹底することです。

おしゃれな人はスタイルがあると言いますが、それは自分に似合うシルエットやデザイン、形、色がわかっています。
似合わない服はどんなにステキでも買いませんし、それは自分をステキに見せてくれる服ではないとわかっているからです。
意外かもしれませんが、スタイルを持っているおしゃれな人はクローゼットがあふれるほど服を持っていません。
自分にぴったりな服だけをクローゼットに並べ、トレンドに関係なく似合う服を見つけた時に購入します。

もし自分に似合わない服を知っていたら、わざわざ似合わない服を買ったりしませんよね?
(観賞用に眺めておきたいとか、コレクションにしたい方は別です。)

似合わない服は選ばない=持っていない
だからいつも似合う服を着ている=おしゃれに見えるということです。

 

似合う服、似合わない服を知るために

おしゃれな人のように若い頃からたくさんの服を着こなしてきた経験で感覚的に似合う・似合わないをわかっている人はいいですが、大人になってから急にその感覚を身につけることはなかなか難しいですよね。

そんな似合う・似合わないを感覚やセンスや経験ではなく、理論的に頭で理解する方法があります。
それが体型診断です。

▶︎体型診断の詳しいページはこちら

似合う・似合わないの理由を感覚やセンスではなく、頭で理解することで服選びの失敗はなくなりなす。
体型診断はパーソナルな診断なので、結果が誰かと同じということはありません。
あなただけの服選びを教えてくれる診断です。

 

あとは似合う服を選ぶだけ

体型診断は自分だけおしゃれの方程式を覚えるみたいなものです。
あなたに似合う服はコレです。この服はこんな理由で似合いません。ということを教えてくれます。

好きな服の中から、似合わない服を排除した服=あなたに似合う服なのです。

無駄な買い物で失敗を重ねる前に、自分の体型を知って似合う服だけを選べるようになってみませんか?
きっと、毎日服を選ぶのが楽しくなりますよ。

 

MAISON de KATSURAではオンラインで体型診断ができます。
対面のファッションコンサルティングでは体型診断とカウンセリング、着たいけれどうまく合わせれない服など、
お手持ちの服を5着ご持参いただきコーディネートの方法もお伝えしております。